AER
AER
AER
AER
AER
AER
AER
AER
AER
AER
AER
サイズ
  • 在庫あり、配送可能
  • Inventory on the way

AER(エアー) ドップキット 2 / 旅行 ポーチ / バッグインバッグ / メンズ レディース / ACTIVE COLLECTION / DOPP KIT 2

通常価格¥9,900
/
税を含みます。

1万円以上で送料無料 / 13時まで即日発送(日曜日を除く)

■旅先での必需品をスマートかつ快適に収納
洗面用具など旅先での必需品をスマートかつ快適に収納できる2層デザインのトラベルポーチ。バッグインバッグとして使えるコンパクトなサイズ感に、撥水性に優れた素材は、旅先での水回りで大活躍。
洗練されたルックスと機能性を兼ね備えてたポーチは、旅行だけでなく、PCやモバイルの周辺小物や普段使う小物整理用としてもオススメです。

■耐久性に優れ、多少の雨でも大丈夫
メイン素材にはナイロン素材の5倍の強度を持つと言われいる『1680Dバリスティックナイロン』を使用。撥水機能も兼ね備えており、水・雨の内部侵入を防止する止水ジッパーも装備していますので、多少の悪天候時も問題ありません。
内装に使われている素材にもしっかり撥水加工が施されており、内装は抗菌性コーティングも◎。
衛生用品を入れる際に気になる大事なポイントも、しっかり押さえてあります。

サイズ 約 高さ13×横幅24×奥行9
カラー ブラック
素材 1680D コーデュラバリスティックナイロン
重量 約 250g
容量 2.6L
生産国 MADE IN CHINA
メーカー品番 AER-11016
仕様

・1680Dコーデュラバリスティックナイロン使用(外部)

・YKKジッパー

・抗菌性コーティング内装/撥水加工の裏地

・充分な収納スペースを確保したデュアルコンパートメント

・スマートな収納が可能なインナーメッシュポケットと弾力性のあるオーガナイザー付き

・取り出しやすい収納用フロントポケット

・外付け歯ブラシ用ホルダー(サイド/背面)

・便利なキャリーハンドルつき

ご注意

※ご利用のモニター環境により色味が実物と異なって見える場合がございますので、予めご了承ください。

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

AER 旅先での必需品をスマートかつ快適に収納
洗面用具など旅先での必需品をスマートかつ快適に収納できる2層デザインのトラベルポーチ。バッグインバッグとして使えるコンパクトなサイズ感に、撥水性に優れた素材は、旅先での水回りで大活躍。

洗練されたルックスと機能性を兼ね備えてたポーチは、旅行だけでなく、PCやモバイルの周辺小物や普段使う小物整理用としてもオススメです。 AER AER 見た目以上の収納力でスッキリ整理できます
十分な収納力を確保した2層のデュアルコンパートメント。開口も広く、収納しやすく取り出しも簡単。内部にはスマートな収納が可能なインナーメッシュポケットが配備され、使い勝手も◎。

仕切りの付いたゴムのラバーテープが装備されており、小物やボトル、歯ブラシまでもしっかり固定できます。移動の際に揺れが激しくても中身がバラつかずスッキリと収納。さらに内部はクッション性の高いパットを採用しているので、割れやすい・壊れやすい小物でも安心です。 AER AER 素早くアクセス可能な用アウトスペース
フロントには、素早くアクセス出来るジップポケットが設置され、使用頻度の高い小物はここに収納できます。

意外と重宝する外付け歯ブラシホルダー
外付けの歯ブラシホルダーも配備。使用後の濡れた歯ブラシをそのまま収納したり、置きっぱなしにするのは衛生面に不安が残りますが、ここならブラシ部分をどこにも触れずに乾かすことができます。
歯ブラシ意外でも、ペンを収納するなど使い道は様々です。


AER キャリーハンドル付きで持ち運びもラク
ポーチの背面にはキャリーハンドル付きで、ポーチ単体で持ち運ぶ際には、とても便利。収納から持ち運びまで、旅行先で利用するのに配慮の行き届いたディティールが魅力的です。


AER 耐久性に優れ、多少の雨でも大丈夫
メイン素材にはナイロン素材の5倍の強度を持つと言われいる『1680Dバリスティックナイロン』を使用。米国ミルスペック規格などで防弾チョッキにも採用されており、引き裂き強度・摩擦係数が高く、過酷な環境に適した素材です。
撥水機能も兼ね備えており、水・雨の内部侵入を防止する止水ジッパーも装備していますので、多少の悪天候時も問題ありません。

内装に使われている素材にもしっかり撥水加工が施されており、内装は抗菌性コーティングも◎。
衛生用品を入れる際に気になる大事なポイントも、しっかり押さえてあります。 AER


ー Front・Back ー


AER