1ITEM着回しコーデ – ROCOCO ONLINE STORE

1ITEM着回しコーデ

kimawashi

今日はどんなスタイルにしよう?

12月。
とうとう2022年も締めくくりですね。
冬服が主役を張る季節がようやくやってまいりました。
寒いのは苦手…という方も多いかもしれません。
しかし反面、長かった夏が終わり、気持ちの良い秋が足早に過ぎ去り、ようやく本気で冬服が着られる嬉しさにワクワクしておられる方もまた多いのでは!

今回は、軽量で楽ちんで暖かいのに着映えする【KELLEN】のジョッパートラウザーを主役に気軽なOFFと気合のON、2パターンのスタイリングをご紹介します◎

こちらのパンツ、ウールとアンゴラの入ったふわふわの生地が気持ちよく、見た目にも暖かな風合いが特徴的。
ヒップから腿に掛けてゆとりのあるサイジングながら、裾に向けて細くなるのでスタイルアップ効果も◎
「ゴムウエスト×ストレッチ」の楽ちんパンツながら、そのすっきりとしたシルエットでスタイリングを引き締めてくれる心強いパンツです。

嘆いても寒いのは変わりません…それならばお気に入りの装いで思いっきり冬を楽しみませんか!

kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi


友人たちと話題のスポットへ散策に。
一日中外にいる日は当然寒さ対策必須です。
楽しいことをめいいっぱい楽しむために、【PENDLETON】のボアジャケットを主役に防寒スタイリングをご提案します!

ダークトーンが多くなりがちな冬だからこそ意識的に明るいカラーを取り入れたいもの。
オフホワイトをベースに、ネイビーのデニムキャップ、オリーブのナイロン素材のフードインナー、オーク系のボアブーツにコットンのイエローバッグ…
様々な素材感とカラーをまとめ上げてくれるのは、頼りになるパンツのブラック。
しっかり引き締め役をこなしてくれます。

また、ボリュームのあるアウターとブーツの間では、裾に向けて細くなるシルエットがボリュームのつなぎ役としても活躍。
タイトになる裾周りのおかげでブーツインをしてももたつきにくく、ボーイッシュなアイテムばかりの中で少しフェミニンな要素を足してくれます。

冬スタイルの特権である異素材レイヤード。
自分らしさを叶えつつ、楽しい時間を気温に左右されないように上手な足し算で気分を盛り上げていきたいですね。

coordinate item

kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi
  • kimawashi


少し気合の入るホリデーシーズン。
いつもはカジュアル派でもこの日は少し背伸びをしてレディライクな装いに挑戦してみるのはどうでしょう。
もしかするとそれこそが相手へのサプライズギフトになるかもしれません。

ボリューム感が魅力の【LONDON TRADITION】のポンチョ型のコート。
同素材のベルトでギュッと引き締める事でクラシックなレデイスタイルに。
インナーはタイトなタートルで引き締め、コートから覗く腕や首元をすっきりさせることでギャップによる華奢見えが適います◎
コートはゆとりのあるサイズ感なのでさらにベストやニットを重ねれば真冬でも暖かく過ごせそうです。

ヒールに不慣れでも頼りになる安定感のあるショートブーティで足元を引き締め、明るいオレンジのレザーバッグをポイントで。
色数を減らしたシックな装いを華やかに演出してくれます。

たくさん歩くことになってもお腹いっぱい食べても安心なパンツなら、その瞬間を楽しむことに集中できるのでは。
特別な日を特別に過ごす為に…自分が一番心地よく過ごせるアイテムはその後押しになってくれるはず。

coordinate item