【リネン素材】蒸し暑い夏に備え「これからのTシャツ」を考える – ROCOCO ONLINE STORE

蒸し暑い夏に備え「これからのTシャツ」を考える

蒸し暑い夏に備え「これからのTシャツ」を考える

毎年、夏になると、汗を拭って、溶けてゆくアイスクリームを頬張りながら、「夏ってこんなに暑かったっけ」と思う日々を過ごす・・・。

そんな、蒸し暑い季節でも“快適”かつ“オシャレ”に過ごせる、「これからのTシャツ」とは何か?

それでは、詳しく紹介したいと思います。

まず、1つ目のキーワードは『清涼感』

今回ご紹介するTシャツは、リネン素材を使った布帛のアイテム。
いわゆる、シャツ生地のTシャツです。

「リアル亜熱帯の都市部ではTシャツって意外と不快でシャツの方が涼しい」なんて話もあるそうで、要は汗を吸収しながらも、布と体に隙間があると、涼しさが全然違う。

また、使われている素材が、「リネン」ってのもポイント!

リネンは、独特の「シャリッとした肌触り」と、「通気性」の高さが特徴。
「速乾性」や「吸水性」にも優れ、汗による不快感が軽減し、まさに“天然由来の機能素材”と呼ぶにふさわしい優れモノです。

そもそも、リネンは人類最古の繊維といわれ、長年親しまれてきた素材。

その理由は、上記の「吸水・発散性」に加えて、『高い熱伝導率』を持っているということ。

夏になると“接触冷感”という言葉をよく耳にすると思いますが、触るとひんやりと感じる“アレ”です。

熱伝導率が高い素材は多くの熱を奪ってくれるため、結果的に触れた部分が冷たく感じるというわけなんですね~。

さらに天然繊維の中で『最も高い強度』を持ち、水に強いことも忘れてはいけません。
リネンは扱いやすく、かつ丈夫で長持ちするので、きちんとケアすれば長く愛用できるんです。

ちょっと長くなりましたが、2つ目のキーワードは『程よい品がある大人リラックス』

一般的な天竺生地のTシャツだと、楽だけど、どうしてもカジュアル感が強すぎてしまう。

かといって、シャツだと、キッチリしすぎて、すこし窮屈・・・。

布帛Tは、そんな両アイテムの“イイトコ取り”で、程よく上品で、リラックス感があり、まさに大人の夏にピッタリ。

リネンのざっくりとした凹凸感のある表情が、またいい感じ◎。

また、ワッシャー加工が施されており、柔らかく、肌触りもよく、身体に馴染んでくれます。



同素材を使用したパンツも◎。

たっぷりと折り返したタックに、ワイドシルエットで、歩く度にひらひらと揺れるリネンが印象的。
リラックスながら野暮ったさを感じにくい、大人のイージーパンツです。

その軽快な穿き心地は、一度着用するとヤミツキに。
「ワイドパンツは、ちょっと抵抗がある」といった方に、是非とも挑戦していただきたい1本です。



その他のリネンアイテムはこちら