ナンガ(NANGA)「ダウンウェアの自宅での洗濯方法」ROCOCO – ROCOCO ONLINE STORE

NANGA ナンガ 「ダウンウェアの自宅での洗濯方法」

NANGA

NANGA

「NANGAダウンウェアの洗濯方法」

皆さんは長年使ったダウンウェア。お手入れせずにそのままにしていませんか?

ダウンを洗うと品質が落ちてしまうと思われている方も多いかもしれませんが、 むしろ、正しく洗うことで汗や汚れが取れ、ふんわりとしたボリュームがよみがえります。

頻繁に洗う必要はありませんが、快適に使うためにも、正しいダウンの洗い方をご紹介します。


STEP1

まずは洗濯絵表示をチェック。製品によって表示が異なりますので、自宅で洗えるものなのか、 必ず確認しましょう。

出典:消費者庁

STEP2

ポケットなどに、物が入っていないかチェック。

STEP3

製品を裏返す。

STEP4

ロール状または畳んで、洗濯ネットに入れる。

STEP5

家庭用の中性洗剤(エマール等)を使用する。
ダウン専用洗剤もおすすめです。

STEP6

洗濯機の手洗いモード、おうちクリーニング、毛布洗いコースで洗濯する。
通常のコースでの洗濯は洗濯機の回転数が多いため、記事へのダメージが発生する恐れがあります。
また、大判のタオルなどと一緒に洗うことで、洗濯の際、水に浮くことなく、洗濯することができます。

STEP7

脱水はモードに合わせてしっかりと。
水気がある場合は手絞りでしっかりと水気をなくします。

STEP8

大判タオルで余分な水分を取り除く。

STEP9

直射日光の当たらない風通しの良い場所で、完全に乾くまでしっかりと乾かす。
そのため、湿度が高い梅雨時期は、においやカビの原因になる恐れがあるため、洗濯はおすすめしません。
表面が乾いていても、羽毛が濡れている場合があるので、とにかくしっかり乾かしましょう。

STEP10

乾いたら、両手で満遍なくたたき、羽毛をよくほぐす。
可能であれば、1日1回しっかりと両手でたたき、ほぐしてください。

STEP11

キルト部分からの羽毛抜けが見られる場合はコロコロで綺麗にしましょう。

STEP12

最後にキルト部分に防水スプレーをする。
100%羽毛抜けを防ぐことはできませんが、目止めをすることが可能です。

最後に

一般的なダウンジャケットをクリーニング店に依頼した際は¥2,000~¥3,000、またグースダウンなどの最高級ダウンを使用した高級品のクリーニング代は¥8,000~¥10,000が相場となります。

今回の記事では、家庭でもダウンジャケットを洗うことができる、またその洗濯方法についてご紹介しましたが、やはり家庭での洗濯については多少のリスクがある、家庭で洗濯する際は自己責任でとお考えいただければ幸いです。

ご自宅での洗濯に不安がある方は、NANGA公式サイトにて、クリーニングの依頼も受け付けています。
そちらも是非チェックして、よいダウンウェアライフをお過ごしください。